後ろ向きには最適の日々

雑駁なあれこれ

話を聞いてもらいたいという欲求

 今週水曜日に放送された『あちこちオードリー』が面白かった。書き始めが毎回エンタメの内容ばかりで恐縮ですが、それぐらい普段の個人的な生活には変化が乏しいので仕方ないのです。そんな悲しい現実はおいといて、とにかく今週の『あちこちオードリー』がめちゃくちゃ面白かったのです。いつもの『あちこちオードリー』のスタイルとは違い(いつもの、オードリーが話を聞きたいゲストを招いてただただ話を聞いていくスタイルも好きなので毎週視聴しているけど)、特別企画「アンミカ聞いてよ!どんよりポエム発表会」が放送されました。内容は、ゲスト(神田アナ、森三中黒沢さん、四千頭身後藤さん)が普段感じているモヤモヤをポエムにして発表し、その解決策やアドバイスをアンミカさんからいただく、というもの。

 そのやりとり、というかアンミカさんのポジティブな助言がどれもこれも素晴らしかったし、番組内でも若林さんに「集団セラピーじゃねぇか!」とツッコんでいたけれど、本当に構図がアンミカさんが教祖に君臨した団体の様でした。

 しかし、なんというか、面白かったのですが、それ以上に「人間って元来誰かに話を聞いてもらいたい生き物なんだな」と思いました。黒沢さんも番組内で「こんなに人に話聞いてもらったの、なんか嬉しかったです」と話していましたが、まさに。そういう欲求を根源に持っている生き物なのだと思いました。だから、例えば新興宗教にハマって、それによって大金を失ったり破滅に至ってしまう人がいたとしても、そのきっかけは「話を聞いてもらいたい」という些細な欲求が始まりだったりするのでしょう。その願望は誰にもあるものだから、そういう人(新興宗教にのめり込んでしまった人)に対して「あの人は…」などと揶揄することはできないよな、と思いました(後ろ指を指しがちだけど)。もしも身の回りに話を聞いてくれる人がいなかったり、悩みを吐き出せる場所がなかったりしたとき、そういう相手(それが自分を騙して大金を貪ろうとする人間だったとしても)が現れたら依存してしまう気持ちは理解できるものです。誰かに相談をしたい人というのは、問題を解決したいのではなく、実は自分の話や悩みを聞いてもらいたい、聞いてもらった時点でほとんど解決している、というのもよく聞く話です。だから占いというものが昔からずっと流行り続けているわけだし、教会には懺悔室があるのでしょう(同列に並べたら怒られそうだけど)。

 そんな、人間の根源的な欲求について番組を見ながら考えたのでした。

 そういえば、人類の進化には脳の大型化が必須であり、約180万年前以降に自分を認識できる能力を身につけ、20万年前以降には他者の考えを認識できる能力を手に入れた、と本で読んだことがあります。そして初期ホモ・サピエンスとして、10万年前以降に自分自身の考えについてじっくり考える内省能力を発達させたそうです。言語を使い始めたのは5~7万年前ぐらいと聞きました。それによってコミュニケーションを他者ととり集団として生存しやすくする目的もあったかと思いますが、「自分の話や悩みを誰かに聞いてもらいたい」という目的・欲求もあったのではないか、と思うのです。やがて人類は進化の過程で神や宗教的な観念すらも創造(想像)するようになったけど、そこにも「(神様に)自分の話をただただ聞いてもらいたい」という欲求があったのではないか、と思うのです。「誰でも良いからこの心の中にあるモヤモヤを聞いてくれ!」という欲求が人類を進化させてきたのではないか、と思ったのでした(※考古学を専攻していたわけではないし、勝手なことを書いています)。

 

#日向坂46_ってか

 10月27日発売予定の日向坂46さんの6thシングル『ってか』のMVがつい先日公開されました。私もばっちりしっかり観たのですが、これがまたとっっっっても良い曲&良いMVなんです(基本的に応援しているアイドルの曲は全肯定するスタイルなのでなんの参考にもならない感想)。

 MV公開の直前の生配信で曲名の発表があり、ファンの間で予想されていた通り(事前にメンバーのトークやブログなどで匂わせがあった)表題曲タイトルは『ってか』だったわけですが「また絶妙なタイトルつけるなぁ秋元さんよぉ!」と私は思いました。曲が公開される前には、そのタイトルだけを見て「なんじゃそれダセェ曲名」みたいな感想をもらす人もごくごく一部いたのですが、そもそもが『キュン』でデビューしたアイドルグループです。『アザトカワイイ』がアルバムリード曲で、5thシングルは『君しか勝たん』のグループなのです。ちょっと変わっていて尖った曲名をつけといて、蓋を開けてみれば「めちゃくちゃ良い曲だな!」となるのは日向坂46のお得意のやり方なわけです。いい加減慣れろ。そういった歴史を知っているファンは「はいはい、いつものその感じね!」と落ち着いていられるわけです。ふふん。

 また、そういうことを取っ払っても、なかなか良いタイトルだと思いました。『ってか』は話し言葉ですが、「ってか…」と話し始められる二人の関係性・距離感みたいなものまで想像できるタイトルだと思いました。全肯定おじさん。

 で、MVの話。このMVもま〜〜〜〜素晴らしい出来栄え。


www.youtube.com

 

 まず衣装が良いですね。ヒラヒラしてて。これまでの衣装とはまた違った雰囲気です。

f:id:sibainu_08:20210918135410p:plain

 私は初見でこの衣装を見たとき、ベタ(熱帯魚)みたいだな、と思いました。

betta hm rosettail white platinum | Shopee Malaysia

 参考:ベタ(白)

 

 また、曲自体もこれまでの日向坂46さんの可愛い路線の楽曲とはひと味違ったような、強気の女の子っぽい雰囲気が表れていて新鮮でした。『My Fans』に近いでしょうか(曲調は違いますが)。

 

可愛さを求めてるだけなら
私だけじゃなくてもいいんじゃない?
同じをものを見て感動できる 同じ価値観が欲しい

 

 サビのこ歌詞の部分だけでも「おっ、今回のシングルは一味違うぞ…!」というのが感じられます。また、日向坂さんのシングルの中で主人公一人称「僕」で初恋を描いた曲が多かったですが、『ってか』は一人称が「私」なのも注目です。それでいて、恋愛の曲という普遍性をもたせつつ、アイドルとファンとの関係性の歌のようにも捉えることもできるという、いつもの得意技も健在です。一人称が「私」であることで、よりそれが強調されてすらいるように感じられます。アイドルとファンの関係性の詩として読み取った場合、もはやアイドルファンに向けた呪詛の言葉ですよこれは。それぐらいパンチに重さがあります。いやはや、食らったなぁ…

 そしてMVも面白いです。「日向坂46がでっかい敵と戦う」なんて、もうこんなんアベンジャーズあるいはプリキュアですよ。尖りまくってんな。それでいて、ダンスの振り付けがめちゃくちゃカッコいいのと今回のセンターのすしちゃん(金村美玖さん)の表情の切れ味が、このふざけた世界観と辻褄が合っているようにすら感じさせているのが見事です。

 

f:id:sibainu_08:20210918145915p:plain

 日向坂アベンジャーズ。ビームとかぶっ放しそう。

 

 見れば見るほど面白いMVでございました。映像の至るところに小ネタも満載(メンバーが描いた怪獣がいるらしい)で、何度も再生したくなるMVです。『君しか勝たん』も何度も再生したくなるMVでしたが、また違った角度で繰り返し観たくなりますね。そりゃ5日かからず200万回再生いきますわ(9/18時点)。

 個人的に地味だけど好きなシーンは、1分30秒ぐらいの、強風の吹き荒れる中、街をメンバーが画面左から右へダンスしながら闊歩していくシーンです。横スクロールアクションゲームみたいで好きです。「ファイナルファイトみてぇだ!」と思いました。

 

f:id:sibainu_08:20210918150657p:plain

 

f:id:sibainu_08:20210918153827p:plain

 参考:ファイナルファイトファイナルファイトがわからない人はベアナックルメガドライブ)を想像してもらっても大丈夫です。

 

 そして、最後のめいちゃん(東村芽依さん)が恐竜のぬいぐるみを拾って、グループといっしょに次の敵に挑みに行くシーンも素晴らしく素敵です。現在は休養中で今回のシングルには参加されていない小坂菜緒さん(恐竜好き)の場所をしっかり残しているという日向坂さんのグループとしての強い意思と、そしてそれを作品に込めてあげようとする制作スタッフさん方々の愛を感じられる演出が最高にエモーショナルです。だーいすき。

 

f:id:sibainu_08:20210918151521p:plain


 そんな『ってか』MVの感想文でございました。

 

アメーバ

 クソみたいに暑かった夏もあっという間に過ぎ去り、いつの間にか穏やかな気候になっていました。季節はすっかり秋でございます。秋はいいですね。何もかもちょうどよいです。気温も、雰囲気も、食べ物の腐らなさ加減も。素晴らしい季節の到来です。ずっと秋口でいいのに。

 先週はラジオがスペシャルウィークだったということで、いつにもまして聴き漁っていました。何度も書いているかもしれませんが、私が毎週欠かさず堪能している唯一のメディアコンテンツなのかもしれません。radikoの普及のおかげで住んでいる地域では聴けなかった番組も余裕で、MBSFM FUJITOKYO FMもばっちこいです。一昔前、私が中学生だった頃はradikoプレミアムなんてものはなかったので、TBSラジオが聴けず「なんじゃい!」と絶望していました(だから聴くことの可能だったニッポン放送ばかり聴いていた)。それが、こんなに素晴らしい未来になるなんて、その頃の少年の私に伝えてあげたいものです。

 さてスペシャルウィーク星野源さんのオールナイトニッポンの話。星野源さんのラジオは正直なところ、これまで聴いたことがなかったのですが(おそらくタイミングの問題)、ゲストがオードリーの若林さんだったということで、恥ずかしながら初めて聴きました。もうね、めちゃくちゃ良かった。お互い、異なる畑で活躍している二人が、仕事をしていく中で、負っていった傷や、思い、苦労、そういったものが共鳴していく様子が凄まじかったです。先日の『あちこちオードリー』の星野さんゲスト回も超良い回だったけど。そして番組最後に披露された『Pop Virus』の弾き語り&ラップのセッション。もうね、言葉にできなかったです。いやはや、すごい回だった。

 その若林さんと星野さんのトークの中で印象的だった、アメーバの話について。星野さんが話されていましたが、色んな仕事や締切やその他様々なものに追い込まれて追い込まれて無我夢中の域まで達すると、ライブで演奏するときに自分とお客さんや自分以外の世界との境界線が消え去って、すべてが溶け、アメーバになってしまう感覚になることがあるという。これ、めちゃくちゃすごい話だな、と聴いていて感じました。それは、いわゆる「ゾーンに入る」という瞬間なのでしょう。

 また、同じくオールナイトニッポンの話ですが、土曜日の「オードリーのオールナイトニッポン」でゲストとして出演された石川佳純さん(しかし改めて考えてもすげぇゲスト回だ…)が、自分ではコントロールできないけれど、「今日はいけるな、勝てるな」と確信する日がごくまれにやって来る、という話をされていました。それを石川さんは「空から降りてくる」と表現されていましたが、これも言い方は違えどおそらく「ゾーンに入っている」状態なのでしょう。

 そういった、ゾーンに入っている状態というのは、自分で制御できるものでもなくて、ある日ある時ある瞬間に突然やってくるものです。そして、それはその対象のものに対して(石川さんであれば卓球だし星野さんなら創作活動だったりライブだったりするのでしょう)、長年これでもかってぐらい向き合って、さんざん悩んで苦労して、苦しみに苦しんで、それでやっとのことで迎えられる境地なのでしょう。その境地に立つことができてようやく無我、すなわち自分自身を忘れる、あるいは自分をひっくるめた世界の境界線を置き去りにできるのだと思います。そんなことをラジオを聴いていて感じました。

 自分のことで振り返ってみると、そんな「ゾーンに入った」瞬間というのは2回ほどあります。一つは高校生の頃。私は部活で体操をやっていたのですが、その高校3年の最後の大会の時です。最後の試合だというのに、競技前の練習の時間で床で足をひどく捻りました。歩くのもやっとぐらいのビリビリとした痛みを感じながら、でも最後の試合だからということで棄権はせず、テーピングで足をぐるぐる巻きにして大会に出ました。「やっちまったわ最悪だ…」と凹んでいたのですが、演技をしてみるとなぜだか足を怪我していたのにも関わらず、跳馬も床も着地がポンポンと決まりました。試合前の緊張感と直前の怪我のせいで脳内にアドレナリンやドーパミンが出まくっていたのかもしれませんが、振り返るとおそらくあの状態が「ゾーンに入っていた」ということなんでしょう。

 そしてもう一つは大学で研究に没頭していた時の話です。とある物質の定量分析をずっとしていたのですが、どうしてもその出力される結果のグラフに納得がいかない。でも何度やっても同じ結果となっていまう。その理由がわからずウンウンと数週間、昼も夜も悩みまくっていたのですが、ある時「あぁなんだこういうことか」と突如アイデアが浮かんでくることがありました。散々あれほど「意味わかんねぇ」と唸り続けていたのに、ふとしたことで解決してしまう。このアイデアが浮かんできた瞬間も、おそらく「ゾーンに入っていた」のでしょう。

 もしくは、「ゾーンに入った瞬間」というのは、神様からのご褒美のようなものかもしれません。私自身、神の存在を積極的に信じているわけではありませんが、体操部の頃のそれも、浮かんでくるアイデアも、その対象に対して散々向き合い、ゲロも吐きそうなぐらい悩み抜いた、そのご褒美のようなものだったのかと思います。そう捉えていたものを、星野さんはラジオで「アメーバとなる」と表現されていました。その時の自分も、きっとアメーバになれていたことでしょう。

 そういった、アメーバになれる、自分のことも世界のこともすべて忘れて無我となれる瞬間があるからこそ、人間はなにかに没頭できるのかもしれないな、と思ったスペシャルウィークラジオでした。あとラジオ聴いてすぐアルバム『Pop Virus』を買いました。ミーハー人間でございます。

 

かけこみうなぎ

 うなぎが好きだ。食に対して興味がないことを自負・自覚している自分であるが、好きな食べ物に含んでもいいだろうと思えるくらいにうなぎは好きだ。スーパーで鰻の蒲焼が売っていたら「おっ」と思う程度には好きだ。しかしながら、だからといってよく食べているわけではない。おそらく年に1回ぐらいだろう。それも、店で食べるのは色々と面倒で苦手だ。まず店に行くのも面倒くさいし、店に並ぶなんて嫌で仕方ない。注文して待っている時間も苦手だし、店を出て帰る道中は想像するだけでも面倒くさい。それぐらい、うなぎに限らず店で食べる行為が得意ではないのだ。そもそも、専門店のようなところで高いうなぎを食べたとて、その味がわかるような舌もあいにく持ち合わせていない。ある程度の金額までは美味い不味いがわかるかもしれないが、ある程度の金額を超えると美味しさがカンストする。これも別にうなぎに限ったことではない。おそらく、 1000円で食べられる料理の美味さ得点が100点だったとして、 2000円の同じ種類のそれはきっと 120点ぐらいだろうし、 5000円出したとしても多分 130 点ぐらいだろう。どんどんコストパフォーマンスは落ちてくる(別に高い飯を批判したいわけではなく、単純に私の舌がそうなっているだけ)。

 また、鰻の何が美味いかというと、結局のところタレの味なんだろう。こんな、毎年土用の丑の日には全国で100万回はされているだろう話なんて書きたく無いのだ、やっぱりタレ次第なんだから仕方あるまい。きっとティッシュにタレをつけても美味しく食べられるだろうし、コンディショナーの代わりに使っても大丈夫だろう。

 そんなわけで、わざわざ高い鰻をう食べに行くのは面倒くさいし味もわからないのでもったいないけれど、それでも年に1回くらいは鰻味のものを食べたい。そこで、私が見つけた最適解がある。それがガストの「鰻ダブル弁当ご飯大盛り」なのだ。たしか税込1800 円くらい。これが色々と程よいのだ。ほどよく美味いし、ほどよく値段も高すぎない。ほどよ鰻 NO.1  なのだ。しかも弁当なので、あらかじめ注文しておけばすぐに受け取れるのも素晴らしい。

 

f:id:sibainu_08:20210824224137j:plain

 今年もつい先日、このほどよ鰻弁当(鰻ダブル弁当ご飯大盛り)をバクバク食べた。たしか8月いっぱいの販売なのでギリギリ滑り込んだ形であったが、なんとか今年も土用の丑(四週間遅れ)を堪能したのであった。

 

 

あちこち

  8 月18日。水曜日。朝から夜までずっと雨の一日。というかここ数日間ずっと降り続けています。おかげで涼しい日が続いているので助かってはいますが。ここ最近書いている研究論文がようやくひと段落したのもつかの間、レビュー論文を早急に書き上げない窮地に陥っているので、相変わらずやっていることは毎日変わりません。ただただパソコンに向かい続けるだけで、その場所が研究室か家かの違いだけです。夏感じてねぇ。レビュー論文のネタがねぇ。

 今週月曜日は『あちこちオードリー』の配信ライブを見ました。時間が合わず生では観られなかったですが、ありがたいことにアーカイブが今月末まであるので、無事にみることができました。ゲストはハライチのお二人。いやー面白かった、今回は「お札剥がしライブ」という、これまで言わずにおこうと心に留めておいたことを曝け出してやろうという内容。イカれた奇祭でしたが、めちゃくちゃ面白かったな。前回の配信ライブ同様レポ禁なので具体的な内容は書けないですが、やっぱりオードリーとハライチの相性は素晴らしいです。どちらも大好きなコンビ(あとアルコ&ピース)なので、末長く漫才を続けてほしいな、と切に感じた配信ライブでした。前回の『あちこちオードリー』が反省ノートスペシャルということで、自分が反省ノートに書いている内容を発表しよう、というこちらもイカれた内容だったのですが、本当に『あちこちオードリー』は心の奥底に沈殿しているモヤっとしたものを笑いに転換する凄まじい番組だな、としみじみ感じました。めちゃくちゃ面白いし、ちょっとその演者の曝け出した傷口の深さに泣きそうになるまである。そりゃギャラクシー賞もとりますわ。

 今週もエンタメによって生かされています。

 

みんながみんな、何かの病気

 8月15日。日曜日。雨が多少やんだような気もした一日。ワクチン接種からも2日が経ち、体調もすっかり回復しました。体調が回復したので墓参りへ行きました。墓参りといっても、お盆だからというわけではなく、月命日の度にいっていますので特別感はありません。そもそもお盆だから墓参りをしなくちゃいけない、とも私は思っていません。各々の方法で死者を弔えば十分でしょう。私の家は田舎の家なので墓や仏壇がありますが、それすら死者を弔うのに必要というわけでもないでしょう。お盆も、結局は生者のためのイベントです。

 しかしながら、スーパーに寄ったときに、ほおずきやらが「お盆特集」という名のもとに馬鹿高い値段で山程売られていたのにはさすがに笑ってしまいました。なんでもかんでも経済が飲み込んでいくな。宗教も文化も慣習も。そんな悪態をつきながら、いつもの安い花を買って帰りました。

 イベントといえばその程度なのですが、数日前からTVerに『SICKS~みんながみんな、何かの病気~』がアップされていたので「なちぃな!」と思いながら観ていました。これは2015年に放送された佐久間さんプロデュースのテレ東のコント番組(ドラマ?)です。主演はおぎやはぎとオードリーですが、他にもアンガの田中さんやらギースやら東京03の飯塚さんやらとかなーり豪華な出演陣となっています。私は当時、たしかDVDをレンタルして観た気がします。それにしても久しぶりに観ましたが、色褪せない面白さです。一気に12話観てしまいました。一話の中に独立したコントが4, 5本あって、それらが最初は別々だったのに、だんだんと登場人物同士が繋がり合っていって…そしていつの間にか…といった感じ。いやはや、見事。

 あと、色んな意味で、この現代このご時世に、この作品を観られるようにする(TVerにアップする)テレ東すげぇな、と思いました(おそらく観たらわかる)。面白いし大好きな作品なだけに、生ぬるい上辺だけの正義を振りかざす批判馬鹿には見つかってほしくないな、とも思うのです。いつの時代も、面白いコンテンツ・作品とは、そういった尖りがあって、ギリギリのところをゆく脆さを兼ねているものだと思うのです。それが鋭さであり切れ味なのでしょう。逆に、批判を考慮しすぎた作品というのは、切れ味が落ち、鈍い印象を受けます。「誰も傷つけない」というのは、切れ味を犠牲にしているということなのでしょう。どちらが良いかは好みなのかもしれませんし、前者のような作品は作りにくい時代なのかもしれませんが…

 

2回目

 8月13日。金曜日。朝からずっと雨が降っていた一日。というか日本全国で雨だったようで。昨日、2回目のワクチン接種をぶっかまし、今日は朝から研究室へ。1回目の接種では副反応も大したことなかったので調子こいていたのですが、2回目、しかも1日経った今日が激重かったです。発熱と悪寒と倦怠感。特に悪寒がひどく、皮膚に冷房の風があたっただけでもヒリヒリするような痛みが走るのでした。まーじでクソ雑魚皮膚。接種時にもらった解熱鎮痛剤をやべー薬のようにガブガブ飲みながら過ごしました。

 研究室でパソコンにむかっていても全然作業が進まず、しかも今日は途中で電気工事で停電をくらうという体たらく(これは把握してなかった自分が悪い)。仕方ないので途中で帰り、家でうずくまって寝ていました(そのおかげで多少は回復した)。

 思うに、この副反応の重さがワクチン接種の忌避にもつながっているのでしょうね。抗体を持つために一時的に重い症状を経る必要があると頭ではわかっていても、なかなか受け入れがたいものなのでしょう。だからワクチン否定派の人の主張の材料にも成りえ、理論をぶっとばして感情に訴えることができるのかな、とぼんやり思いました。ワクチンを接種しない事自体を否定するつもりはありませんが。

 そういえば、ワクチン接種自体がおそらく20年ぶりぐらいだったかと思います。インフルエンザのワクチンも打ったことがありません。そもそもインフルエンザにかかったことがないので、ワクチンを接種しようとこれまで思わなかったのです。振り返ると、そもそもがそういう家庭でした。子供の頃や受験期に友人がインフルエンザワクチンを接種していた中、私の家は一切そういったことがなかったのも、インフルエンザの症状の重さを知らなかったからだと思います(そして今も知らずにいる)。